スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営戦略 令和元年後期 24問目

問題

問題24 経営戦略の策定時に行われる経営環境の分析に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

ア.経営環境の分析は、あらゆる項目について行う必要はない。
イ.中間財メーカーは、最終製品市場の動向まで分析する必要はない。
ウ.自然環境は、経営環境とはなり得ない。
エ.経営環境とは、経営上の前提条件となるものであり、企業が影響を及ぼせないものをいう。

解説

正解:ア

標準テキスト第2版149ページに経営環境分析のステップに関する記載があります。以下、引用します。

経営環境分析は主に5つのステップに従って進められる(→図表7-3-1)第1ステップは、環境要因の選定である。企業を取り巻く環境要因のすべてを対象として調査・分析を進めることはきわめて非効率である。そこで、企業経営に影響度の高い要因に絞り込むことが必要となる。

よって、選択肢アが正解です。

コメント