スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営戦略 令和元年後期 39問目

問題

問題39 コーポレートガバナンスに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.企業の「所有と経営の分離」という観点で考えると、企業が最も重視すべき利害関係者は株主である。
イ.企業がどの利害関係者を最も重視するかは、企業規模によって決定される。
ウ.株主を重視する経営の問題点の1つとして、投機的目的を重視する株主は、企業の経営自体にコミットメントしないことがあげられる。
エ.今後の経営環境においては、自然環境、潜在的な消費者等も考慮していく必要がある。

解説

正解:イ

標準テキスト第2版217ページにガバナンスの基礎知識に関する記載があります。以下、引用します。

企業は、顧客や従業員、株主、供給業者、行政府などの複数の利害関係者を満足させながら経営を行っていかなければならない。こうした利害関係者をステークスホルダーと呼ぶ。

よって、選択肢イが正解です。

コメント