【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営戦略 令和元年前期 18問目

問題

問題18 組織文化に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

ア.組織文化は、非公式・不文律なものなので、人事制度等の公式かつ明文化された制度とは関係なく、形成・伝承される。
イ.組織文化は、非公式なもので、その解釈にも幅があることから、組織内に深く浸透すると、公式な情報や指示・命令の伝達を阻害し、伝達のための負荷が増大する。
ウ.組織文化には、適度な曖昧さや多様性が含まれていることから、人々の弾力的な行動を可能にし、環境の変化に対しても、一定の範囲内で柔軟に適応することができる。
エ.組織文化は、組織内部の人々に共有されている非公式な不文律であることから、外部からは窺い知ることができない。

解説

正解:ウ

標準テキスト第2版97-102ページに経営戦略策定の構造に関する記載があります。以下、引用します。

こういった組織文化の違いは往々にしてコンフリクトの源泉となりやすい。

コンフリクトは対立や衝突などを意味します。

よって、選択肢ウが正解です。

コメント