【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営戦略 令和元年前期 22問目

問題

問題22 マクロ環境分析に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.マクロ環境分析の主題は、経営戦略に影響を与える環境のトレンドと事象を把握し、それらの発生する可能性、インパクト及び影響力等を適正に評価することにある。
イ.技術の問題において、自社に影響を与える技術要因を検証するため、企業経営に様々な影響を与える技術要因分析の対象項目を網羅的に見る必要がある。
ウ.経済の問題は、一見関連が薄いと思われる要因であっても、企業にとって大きな影響を与える可能性がある。
エ.人口動態の変数は年齢、収入など様々であるが、企業がどの変数をもって人口動態を把握するかによって、その企業における脅威や機会に的確に対応できるかが決ま
る。

解説

正解:イ

標準テキスト第2版129-132ページにマクロ環境に関する記載があります。以下、引用します。

マクロ環境の分析においてまず考えなければならないものが、市場や産業における技術のトレンドや技術的事象の把握である。こうした技術的なトレンドや事象は、その技術を利用できる、また開発能力のある組織にとっては大きな機会となるが、その一方で代替されてしまう旧技術に依存する企業にとっては重大な脅威となる。

よって、選択肢イが正解です。

コメント