スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年後期 10問目

問題

問題10 マーケティング・ミックスに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.マーケティング・ミックスについては、単純化した考え方から詳細に分類したものまで様々な学説が展開されてきた。
イ.アメリカ・マーケティング協会による1985年のマーケティング定義では、マーケティング・ミックスの考え方には触れていない。
ウ.マーケティング・ミックスは、マーケティング目標を効果的かつ効率的に達成するための手段、方法として選択すべきである。
エ.マーケティング・ミックスの要素としては、E.マッカーシーが提唱した4P=製品(Product)、価格(Price)、プロモーション(Promotion)、チャネル(Place)が一般によく知られている。

解説

正解:イ

標準テキスト第2版16ページにAMAによるマーケティングの定義に関する記載があります。以下、引用します。

マーケティングとは、個人および組織の諸目的を達成させる交換をつくり出すために、アイデア、商品およびサービスを巡るコンセプトの創生、価格、プロモーションや流通にかかわる計画の実行のプロセスである。

94-95ページにマーケティング・ミックスの構成要素に関する記載があります。以下、引用します。なお、各項目の政策と手順については省略しています。

マーケティング・ミックスの構成要素を、次の5つとしてとらえる。
① 製品計画
② 価格決定
③ プロモーション計画と管理
④ マーケティング・チャネル
⑤ 物流・パッケージング

よって、選択肢イが正解です。

コメント