スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年後期 24問目

問題

問題24 清涼飲料メーカーS社では、5年の歳月をかけて研究を重ねた健康ドリンクを開発し、特定保健用食品の許可を得て、他社が追随できない特許成分配合の健康飲料「V」を発売することになった。この健康飲料「V」の価格設定の考え方として最も適切なものは、次のうちどれか。

ア.市場での早期シェアを上げるために、できるだけ安い価格に設定する。
イ.画期的な新製品であることから、高い価格に設定する。
ウ.健康に気を使う人がよく購入する野菜ジュース、ヨーグルト系ドリンクなどの市場価格よりも、少し安い価格に設定する。
エ.健康ドリンクのトップシェアの商品に合わせた価格に設定する。

解説

正解:イ

5年の歳月をかけて研究をしたことから投資収益の確保が必要なため高い価格に設定する必要があります。他社が追随できない製品のため、競合他社の価格を気にする必要はありません。

よって、選択肢イが正解です。

コメント