スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年後期 38問目

問題

問題38 小売ミックスに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.小売ミックスは営業活動の側面として考えられることが多いが、財務の側面とも密接に関係している。日常的な活動は損益計算書に、また、長期的な成果は貸借対照表に表現され、小売ミックスと財務諸表とは表裏関係にある。
イ.小売ミックスの中で最も重視すべき要素は商品構成である。小売業界における商品構成の概念は、バラエティと品揃えの2つの領域に区分され、バラエティは異なった商品の種類の組合せであるのに対し、品揃えは同一商品の組合せで、消費者の生活水準やライフスタイルの変化に合わせて構成される。
ウ.店内の商品ディスプレイ、POP広告の記述やポスターなどの、店内コミュニケーションは品揃えの個性化・定着化のために重要な役割を果たす。特に店舗を有する小売業にとってディスプレイは強力なプロモーションであり、メーカーや卸売業者には見られない手段である。
エ.メーカーのプロモーションも小売業者のプロモーションも、一つ一つの商品を市場に浸透させ、知名度を高めるために行われる点で本質的な相違はないが、メーカーはテレビ・ラジオ・新聞・雑誌などのマス媒体が利用できるのに対して、小売業者はチラシなどの限られた媒体しか選択できない点が異なる。

解説

正解:エ

標準テキスト第2版321-324ページに小売業のプロモーション人的販売に関する記載があります。以下、引用します。

小売業のプロモーションは1つひとつの単品を押し出すプロモーションの総和ではない。
(中略)
小売業のプロモーションにとって大切なことは、小売業としてストア・イメージを想像することである。それは、まさに顧客の店選びの切り札となるものである。

よって、選択肢エが正解です。

コメント