【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年前期 33問目

問題

問題33 プロモーション・ミックスに関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.一般に、産業財よりも消費財のほうがプロモーション・ミックスにおける広告のウエイトは大きくなる。
イ.高額な耐久消費財よりも日用品のほうが、プロモーション・ミックスにおける人的販売のウエイトは大きくなる。
ウ.一般に、中小メーカーよりも大手メーカーのほうが、プロモーション・ミックスにおけるテレビ広告のウエイトは大きくなる。
エ.プル戦略よりもプッシュ戦略のほうが、プロモーション・ミックスにおける人的販売のウエイトは大きくなる。

解説

正解:イ

標準テキスト第二版263ページにパソコンを例にした記載があります。以下引用します。

テレビCMによって注目され、店頭でその製品を手に取っても、その時点でその店員による、より詳細な製品説明がなされてこそ、購買への決心がつきやすくなることはだれもが経験するところであろう。

引用のとおり、高額な耐久消費財の方が人的販売のウエイトが大きくなります。

コメント