【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年前期 32問目

問題

問題32 プロモーション活動の一つである広告に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.広告には、営業担当者や販売員などの人的要素は含まれない。
イ.広告は、そこで伝達されるコマーシャル・メッセージの広告主が誰であるかという点を明示する必要はない。
ウ.広告は、伝達するメッセージの内容を広告主が決定することができるが、パブリシティは、ペイド・パブリシティなどの特殊な場合を除くと、伝達内容の決定権をメディアが持っている。
エ.広告は、製品やサービスのプロモーションばかりでなく、それらを提供する企業自体をプロモーションする場合も利用される。

解説

正解:イ

標準テキスト第二版260ページに広告に関する記載があります。以下引用します。

一般に次のように定義されている。「身元が明示された広告主が人的販売によらず、市場を確立するために、製品、サービス、アイデアあるいは企業そのものについて視聴者に対し重要なコマーシャル・メッセージを伝達する有償の手段」

「明示する必要はない」が誤りです。

コメント