【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営情報システム 令和元年前期 13問目

問題

問題13 業務分析を行う際に用いる表記法とその表記対象に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.UMLのアクティビティ図で、業務プロセスをモデル化した。
イ.BPMNで、組織の構造をモデル化した。
ウ.IDEF1Xで、データとそのリレーションをモデル化した。
エ.DFDで、情報システムのデータの流れをモデル化した。

令和元年度 前期 ビジネス・キャリア検定試験 経営情報システム分野 3級 経営情報システム

解説

正解:イ

標準テキスト第二版75-77ページにDFD、UMLに関する記載があります。

BPMN(Business Process Model Notation)は業務の流れを表現した業務フロー図です。レベルによって俯瞰的な検討、定量分析、実装と目的が異なります。

IDEF1Xはおもにデータベースの概念設計においてER図を記述する方法です。リレーションを表現できます。

コメント