【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営情報システム 令和元年前期 22問目

問題

問題22 基幹業務システムのイベント管理に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

ア.ログは、対象を絞って内容の確認や対処を行う。
イ.ログに新しいメッセージが出力されていないので、システムや機器は正常に稼働していると判定した。
ウ.調査や処置を迅速に行うために、利用者がログファイルにアクセスし加工できるようにすることが必要である。
エ.機器の稼働状況や異常を示すランプの状態は、イベント管理の対象ではない。

解説

正解:ア

標準テキスト第二版180ページにイベント管理に関する記載があります。以下引用します。

イベントには、さまざまな種類があり、確認をすればよいもの、即時に対応が必要なものが混じっている。そのため、どのようなイベントをどのように管理するかをあらかじめ決め、通知・検出・記録のしくみを整える必要がある。イベント通知には、ポーリング(管理ツールから管理対象に問い合わせる方法)や通知(管理対象から状態変化を発信する)などがある。情報システムが複雑で可用性の要求が高い場合には、管理ツールが利用されている。イベントは重要性を評価して、重要度に応じた対応が必要である。

コメント