【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営情報システム 令和元年前期 31問目

問題

問題31 以下の<事例>に基づき、図中の①~⑥に当てはまる語句の組合せとして適切なものは、次のうちどれか。

<事例>
A店では、これまで業者向けに工事用部品の店頭販売を行っていたが、既存顧客の定期購入を促進するため、インターネットによる販売を取り入れることとした。これに伴い、オンラインショッピングのシステム開発に実績のあるB社に開発を委託することとした。B社は、注文時の受付業務のワークフロー図をA店に提案した。

ア.①:顧客を確認 ②:既存顧客 ③:顧客名簿を参照
  ④:購入商品を確認 ⑤:出荷倉庫在庫有 ⑥:受注の凍結指示
イ.①:顧客を確認 ②:既存顧客 ③:顧客を登録
  ④:購入商品を確認 ⑤:出荷倉庫在庫有 ⑥:入荷の指示
ウ.①:購入商品を確認 ②:出荷倉庫在庫有 ③:受注の凍結指示
  ④:顧客の確認 ⑤:既存顧客 ⑥:顧客の登録
エ.①:購入商品を確認 ②:出荷倉庫在庫有 ③:入荷の指示
  ④:顧客を確認 ⑤:既存顧客 ⑥:顧客名簿を参照

解説

正解:イ

フローチャートの分岐で既存顧客で無い場合、顧客を登録したか(既存顧客でないのに顧客名簿を参照しても意味が無い)、出荷倉庫に在庫がない場合、入荷を指示したか(受注を凍結したら販売できない)で判断します。

コメント