【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営情報システム 令和元年前期 32問目

問題

問題32 A社では、輸入原材料Xを加工して、製品Yを見込生産方式により生産している。生産コストを抑えること及び安定的に市場に製品を供給するための方策に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.需要予測に基づいて、生産計画と購買計画を立て、製品Yの生産量と原材料Xの輸入量の調整を行う。
イ.原材料Xの調達コストを低く抑えるため、為替レートが有利な時期にまとめ買いする。
ウ.過剰在庫は資金が滞留するため、製品Yの在庫量は極力ゼロを維持できるように調整する。
エ.製品Yの需要予測精度を高めて販売計画を立て、それを入力とするMRPシステムを導入して購買計画を行う。

解説

正解:ウ

見込み生産方式は見込みの言葉の通り、需要予測や販売計画に基づいて生産の見込み計画をたて、それを基準に生産指示をかけていきます。

ウは受注生産のメリットの一つです。

コメント