【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営情報システム 令和元年前期 40問目

問題

問題40 変更や更新が多いデータを含んだ文書作成に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.Markdown環境を利用して1ヵ所で編集作業を行う。
イ.グラフへの出力をスクリプトとして記録し、半自動化する。
ウ.迅速に結果が反映できるHTML形式での表示を検討する。
エ.作業の手順を覚えるために、コピーアンドペーストで表計算ソフトと文書作成ソフトを行き来する。

解説

正解:エ

標準テキスト第二版312ページに連動性に関する記載があります。以下引用します。

データが短期間の周期で更新されるものをグラフ化し直し続けてレポートを作成するような場合、その作業の中に手作業があるとミスが入り込みやすくなる。特に、コピーアンドペーストを数多く行う作業が繰り返されると、手順の飛ばしや作業の意図がわからない工程になっていき、データの正確性が損なわれる。そのため、データの更新からグラフの生成、およびレポートの作成までで人の手による繰り返しを省こうとするしくみづくりが提唱されている。

コメント