【資格試験勉強】ビジネスキャリア検定は役に立つか役に立たないか

ビジネスキャリア検定が役に立つか役に立たないかについて書いています。【資格試験勉強】何故私はビジネスキャリア検定を受検したかでも書きましたが、今の仕事で即役立っているということはありません。しかし、目に届かないところで役に立っているようには思っています。

そのため、ビジネスキャリア検定には多少のメリットはあるので役に立つと思っています。

役に立つ

私の場合、ビジネスキャリア検定は会社の推奨資格であり、とある人材条件の一つに含まれています。会社の人事が何を加味して評価をするかは分かりませんが、まずは各人の持っているものでフィルタリングをかけるのであれば、意味がある資格でしょう。

また、資格ごとにランク付けされており、組織ごとの数字が出ていることから、それほど強い影響力はなさそうですが、意味のある資格だと思います。

人事でもなければ組織の上司でもないので、本当のところは分かりません。しかし、把握されていることから何かしら意味があると思われるので、持っていて損は無いと考えています。

ちなみに今はDXに力を入れているのか、統計や自動化などの資格が推奨になっています。そのため、それらの取得をしようとしていますし、RPA技術者検定 アソシエイトは既に取得しています。

ゲームのキャラクターで言えば、ステータスとスキルを見てキャラを選ぶわけですが、現実では全てのデータはマスクされていて分かりません。その中で、資格は目に見えます。その資格が死にスキルでなれば役に立つでしょう。

まあ、その方面を理解して頑張っていますというアピールです。

役に立たない

「その方面を理解して頑張っていますというアピールです。」と言っても、本当のところは分かりません、別にこれで出世するわけでも給料が上がるわけでもありません。そういう意味では直接、目に見える分かりやすい形では全く役に立っていません。重要視されるものは他にあるでしょう。数字とか対人関係とか。

車の運転と同じです。とある人がゴールド免許保持者であってもペーパードライバーだったら運転は任せたくありません。さらに運転免許証が無ければ車の運転をしてはいけませんが、ビジネスキャリア検定の資格が無くても仕事はできます。だから役に立たないといえば役に立たないです。

でもちょっとは役に立つ

自己啓発という意味では役に立ちます。

経験してきた職種の検定試験の勉強をすると、経験でなんとなく分かっていたこととつながることがあります。経験と知識が結びつくことで自信がつきます。

未経験であればその職種の概要がざっと知ることが出来ます。幅広く知識を得たいというゼネラリスト志向ならばビジネスキャリア検定は複数分野があるので、役に立つこともあろうかと思います。

教養と比べると大げさですが、一見役に立たないようなことが思わぬところで役に立つことがあります。仕事は何かしらの複合で動いている事が多いです。自分の知識の輪を広げるという意味ではちょっと役に立ちます。

ビジネスキャリア検定は役に立つのか役に立たないのか

会社で定められた何かしらにビジネスキャリア検定がある場合は、チャレンジする価値はあるでしょう。逆に無いならば、自分の知識の輪を広げる自己啓発になります。

「休みの日まで仕事のことを考えたくない」、「即効性のあるテクニックが欲しい」というのであれば役に立ちません。

まずは興味のある分野の試験問題をして、さらに気になればチャレンジすればいいと思います。安価で気軽にチャレンジできるのがビジネスキャリア検定の特徴です。試験や勉強で得た知識はどこかで役に立つことが多いです。全く関係の無い資格ならまだしも、仕事をする上で何かしら関連する分野であれば、いずれ役に立つ日が来るでしょう。

しらんけど。

コメント