【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和元年後期 29問目

問題

問題29 与信管理を行う際の信用調査に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.顧客に関する情報は、顧客自体に関する情報、顧客を取り巻く経営環境、自社取引に関する情報などの側面から収集することが必要である。
イ.顧客の経営基本情報は、最低限把握しなければならない顧客情報であり、定期的に見直し・変更などの改定が必要である。
ウ.信用調査は、外部委託による客観的な信用調査を主体にしながら、自社の取引に関する情報を補足的に活用するのが効果的である。
エ.与信管理は、与信限度基準を明確にし、新規顧客との取引開始、既存顧客の状況変化などを考慮して行うことが必要である。

解説

正解:ウ

標準テキスト第三版208ページに信用調査に関する記載があります。以下引用します。

自社による信用調査を主体にしながら、新規顧客開拓時や顧客の経営・取引の大きな変化、信用不安の噂などに関しては、外部委託による信用調査の活用が多いと考えられる。

「外部委託による客観的な信用調査を主体に」が誤りです。

コメント