【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和元年後期 38問目

問題

問題38 消費者保護のための法律や制度に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

ア.消費者契約法は、「事業者」と「消費者」の交渉力の差にも配慮した法律である。
イ.消費者契約法では、個人が「事業者」と扱われることは予定されていない。
ウ.消費者契約法では、法人が「消費者」と扱われることも予定されている。
エ.消費者契約法では、学校法人は「事業者」として扱われることはない。

解説

正解:ア

標準テキスト第三版275ページに個人情報取扱事業者の義務に関する記載があります。以下引用します。

消費者契約法における「消費者」とは、個人をいい法人を含まない。

個人は消費者です。法人が消費者として扱われることはなく、学校法人も事業者です。

コメント