【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和元年後期 3問目

問題

問題3 営業パーソンの役割に関する記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

ア.営業パーソンの役割は、あらゆる範囲の顧客に自社製品・サービスを売り込むことである。
イ.営業活動は、見込客に対して競争会社に勝ち、自社の製品・サービスを売り切ることで完了する。
ウ.プロモーション活動は、営業パーソンによる人的販売以外の広告宣伝、パブリシティ、販売促進等の活動である。
エ.商談は双方向のコミュニケーションであり、他の方法ではできない効果的な営業活動の手段である。

解説

正解:エ

標準テキスト第三版14-17ページに営業パーソンの社会的役割に関する記載があります。

アは誤りです。以下は14ページの引用です。

営業パーソンの顧客対する役割は、自社の製品・サービスで顧客に役立ち貢献できる見込みのあるターゲットを見つけ出すことから始まる。

「あらゆる範囲の顧客」が誤りです。

イは誤りです。以下は15ページの引用です。

そしてようやく初回のオーダーを勝ち取ったら、さらに顧客の広範なニーズを聞き出し、次回のオーダーに発展させていく。

「売り切ることで完了する」が誤りです。

ウは誤りです。以下は17ページの引用です。

プロモーションは1広告宣伝、2パブリシティ、3販売促進、4人的販売に分けられる。

「営業パーソンによる人的販売以外」が誤りです。

コメント