【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和2年後期 31問目

問題

問題31 取引条件に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

ア.商品売買取引では、買主から商品代金が全額支払われたときに限り、売主から買主に所有権が移転する。
イ.商品売買取引では、買主が債務不履行に陥ったときは、売主は契約を直ちに解除することができる。
ウ.売主の視点から、特約条項をなるべく付加しないように取引契約を締結することが大悦である。
エ.「期限の利益喪失」の条項を付加することで、一定の場合には、当初定めた支払期日前に顧客に対して売掛債権残高を一括弁済請求できる。

解説

正解:エ

標準テキスト第三版215-216ページに取引条件に関する記載があります。以下、引用します。

期限の利益喪失の特約条項があれば、支払期日の到来前に顧客大して売掛債権残高を請求できる。

よって、選択肢エが正解です。

コメント