【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和2年後期 32問目

問題

問題32 債権者会議に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.法律的拘束力があり、決定事項に拘束される。
イ.出席し再建案に同意すると、再建案に拘束される。
ウ.出席義務はなく、不利益は生じない。
エ.仮差押えや強制執行などの個別対応は可能である。

解説

正解:ア

標準テキスト第三版223ページに債権者会議に関する記載があります。以下、引用します。

・法律上根拠のある機関ではない。
・出席義務はなく、不利益は生じない。
・法律的拘束力はなく、決定事項に拘束されない。
・仮差押えや強制執行などの個別対応は可能である。
・出席し再建案に同意すると、再建案に拘束される。
・出席した場合、決議事項に反対したときは、議事録にその旨を明確に示されているか確認する。

よって、選択肢アが正解です。

コメント