【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和2年後期 20問目

問題

問題20 顧客に電話でのアポイントメントを取る際の記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.代理者では断られやすいので、可能な限り面談予定者と直接話すようにする。
イ.面談内容のポイントは訪問時に話すため、予約時はアウトラインに留める。
ウ.礼儀として、通話の最初に、社名・所属部署・名前を伝える。
エ.間違いを防ぐため、訪問日時・同行者を明確に伝え、最後に復唱する。

解説

正解:イ

標準テキスト第三版150ページにアポイントメントのポイント(電話)に関する記載があります。以下、引用します。

○事前にアポイントメント内容を整理しておく
○相手の立場をたえず考える視点を持つ
○滑舌よく、明るく、丁寧な話し方を心がける
○通話前にメモが取れるようにしておく
○通話の始めに、社名・所属部署・名前を伝える
○可能な限り、面談予定者と直接話せるようにする
○アポイントメントが取れるような内容を示す
○訪問日時・同行者を明確に伝え、最後に復唱する
○面談予定者を確認する
○訪問の数日前にはアポイントメントを行い、訪問の前日あるいは当日朝に確認の連絡を取る

よって、選択肢イが正解です。

コメント