スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営戦略 令和元年後期 26問目

問題

問題26 製品ライフサイクルの各段階における経営戦略に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

ア.成長期には、製品の存在やその機能、利点、使用方法等を消費者に認知させるために資源を集中する。
イ.衰退期には、製品の一次的な機能は認知されていることから、ブランドイメージやアフターサービス等の二次的な機能の付加等を図る。
ウ.成熟期には、売上減に対応して新規ユーザーを引き付ける新製品開発や、既存ユーザーの使用量を増加させるような製品特性の変化及び新しい特性の付加等の製品価値の複層化を図る。
エ.導入期には、従来の価値から発想を転換し、改めて代替技術の可能性を探り、新しい市場ニーズに目を向ける製品政策が求められる。

解説

正解:ウ

標準テキスト第2版137ページに成熟期に関する記載があります。以下、引用します。

成熟期における経営戦略のポイントは、製品価値の複層化である。
(中略)
つまり、売上高の減少という状況を打破するために新しいユーザーを引きつける新たな製品開発や、既存ユーザーの使用量を増加させるような製品特性の変化や新しい特性の付加が必要となるのである。

よって、選択肢ウが正解です。

コメント