スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営戦略 令和元年後期 10問目

問題

問題10 意思決定された経営戦略を実行するための戦略的計画に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.戦略的計画の策定においては、経営戦略の遂行や実現に向けた詳細なチェックが必要となる。
イ.戦略的計画の内容は、組織を構成するメンバーによって理解される必要がある。
ウ.戦略的計画の策定においては、随時、戦略シナリオや経営戦略そのものの見直しも併行して行う必要がある。
エ.戦略的計画の策定においては、経営戦略遂行のための必要な経営課題を抽出する必要がある。

解説

正解:ウ

標準テキスト第2版48ページに戦略的計画に関する記載があります。以下、引用します。

戦略的計画作成の目的とは、重荷以下のとおりである。
1 経営戦略の内容を企業組織構成メンバーに理解させ、同一方向へ確実にリードする。
2 経営戦略の遂行に企業の各部門がどのように関与し貢献するか、その内容を割り当てるとともに理解させる。
3 経営戦略の遂行状況を把握し、統制する。
4 経営戦略遂行のための必要経営課題の抽出を行う。
5 経営戦略遂行のための必要経営資源の分配を行う。
6 経営戦略遂行のため関係者、部門の権限と責任体制を確立する。
7 経営戦略遂行可能性、実現可能性のチェックを行う。

よって、選択肢ウが正解です。

コメント