スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営戦略 令和元年後期 25問目

問題

問題25 経営環境の分析に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

ア.技術、政府規制、経済、文化、人口動態等を対象に行う分析を、内部環境分析という。
イ.3C分析のうち、「自社分析」と「市場分析」は内部分析に、「競合分析」は外部分析に相当する。
ウ.PEST分析とは、企業を取り巻くマクロな外部環境を分析するための手法である。
エ.SWOT分析における機会とは、企業の内部環境から導き出されるものである。

解説

正解:ウ

標準テキスト第2版99ページに環境分析に関する記載があります。以下、引用します。

環境分析の内容の非常に多岐にわたる。経済や人口の変化、技術動向、社会文化、政治的要因といったマクロな視点から見た環境や、企業が対象とする顧客や属する業界、競合企業などのミクロ的視点から見た環境が、どのように変動するかを分析し予想する。

標準テキストマーケティング3級第2版78-79ページにPEST分析に関する記載があります。以下、引用します。

この分析手法の名称は、マクロ環境の4つの要因である政治的(Political)、経済的(Economic)、社会的(Social)、技術的(Technological)の英文の頭文字からとったものである。

よって、選択肢ウが正解です。

コメント