【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営戦略 令和元年前期 14問目

問題

問題14 生産計画に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.生産能力計画においては、自社の製造工程の中で、どの工程に人的・設備的な負担がかかっているかを把握し、生産量の調整及び外注化等の対応を定める。
イ.品質計画においては、製造工程で発生している不良内容及び得意先からのクレーム等を分析し、その課題を解決するための方策を定める。
ウ.生産性計画においては、商品や材料の納期を考慮して、購入時期、購入数量、購入先及び購入予算等を決定する。
エ.歩留計画においては、材料投入量と完成品材料量を比較し、全体でどのくらいの歩留まりロスが発生しているかを把握し、ロスを低減するための対策を立てる。

解説

正解:ウ

標準テキスト第2版84ページに生産計画の概念に関する記載があります。以下、引用します。

4生産性計画
納期対策のために設備稼働率(設備稼働率=稼働時間/操業時間)の工場、労働時間効率(労働時間効率=実働時間/標準時間)の向上をいかにして図るかを定めたもの。

選択肢ウは仕入・購買計画の説明文です。

よって、選択肢ウが正解です。

コメント