【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営戦略 令和元年前期 8問目

問題

問題8 経営戦略部門に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

ア.10~20年後に日本の労働人口の約半数がAI等に代替可能という推計結果があるが、AIの発達により環境変化の不透明化、突発性、流動性に対しても適切な分析・対応が可能になることにより、経営戦略部門の位置づけは今後低くなる。
イ.経営戦略部門において、現場から上がってくる生の情報を編集し直し、再びトップや現場に発信できるようなスタッフの情報リテラシーの差は、経営成果の差となる。
ウ.これまでの知識や情報にこだわらずに、それらを建設的に破壊し画期的な経営戦略を策定するデザイン能力に長けた人材だけを経営戦略部門に配置する。
エ.経営戦略部門のスタッフには企業全体を見る目が求められるが、事業部門の問題解決に必要な手法開発は、実践のしやすさを考えればスタッフは関与せず、事業部門に任せる方が良い。

解説

正解:イ

標準テキスト第2版38-40ページに経営戦略部門に求められるスキルに関する記載があります。以下、引用します。

トップマネジメントからの高度な情報と、現場から上がってくる生の情報とが混じり合う場所こそが、この経営戦略部門なのである。ここで、これらの情報が編集し直され、再びトップや現場に発信されるのである。こうした意味で、より高度に、より性格に、よりタイミングよく、情報を提供できるかどうかは、経営戦略部門の情報リテラシーにかかっているといえるのである。そして、その能力の差が、そのまま経営成果として反映されるのである。

よって、選択肢イが正解です。

コメント