【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営戦略 令和元年前期 24問目

問題

問題24 経営環境の分析に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

ア.経営目標を立てたら最初に行うのが経営環境の分析であり、具体的には外部環境分析により機会と脅威を分析し、自社能力分析により自社の強みと弱みを分析する。
イ.環境分析は、製品市場分析と顧客分析の2つに大別される。
ウ.経営環境分析を行う場合には、曖昧さを避けるため、あえて不確実性は排除する。
エ.自社の主要な製品が他社の製品よりも優れた性能を持ち差別化できる場合には、顧客分析に時間を使いチャンスを失うことがないように製品開発を優先すべきである。

解説

正解:ア

標準テキスト第2版126-127ページに経営環境分析に関する記載があります。以下、引用します。

経営環境分析の目的は、これらの環境が現在どのような状況にあり、今後どう変化していくかを予測し、その環境変化の中で自社にとっての成長機会と自社に存続や生協を脅かす脅威を抽出することである。

よって、選択肢アが正解です。

コメント