【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営戦略 令和元年前期 9問目

問題

問題9 経営理念に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.経営理念は、基本的には社会や世界が大きく変動しない限り、長期間変わらないものであり、また変えないものである。
イ.経営理念には、企業目的、経営基本方針、社是、長期経営計画及びドメイン等を含む。
ウ.経営理念は、「企業の存在意義及び使命等の対外的に実現したい姿」と「経営姿勢及び行動指針等の組織の基本方向・共通の価値観」について定めたものであり、経営計画を策定するためのよりどころとなる。
エ.経営理念は、従業員が日常発生する問題に対処する際の判断や決断に迷いが生じたとき、正しい判断をするためのよりどころとなる。

解説

正解:イ

標準テキスト第2版52-53ページに企業理念の再確認あるいは設定に関する記載があります。以下、引用します。

企業理念の内容として含まれるものは、トップマネジメントの世界観・使命観・人生観・社会観や、企業観・経営観、国際・技術・事業観、経営システム観、組織行動観などがある。

よって、選択肢イが正解です。

コメント