スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年後期 37問目

問題

問題37 小売店舗における人的販売に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.特に産業財の販売方法としては中核的な方法であり、また、消費財においては化粧品店における美容部員の活動はこの典型的な姿である。
イ.プロモーションの具体的手段の1つであり、顧客と直接顔を合わせ商品に接しながら対応することから、的確な情報を伝えられる。
ウ.顧客と顔なじみになることができれば、購入頻度の低い買回品を販売できるチャンスが大きくなる。
エ.商品知識が豊富な販売員は、効率的に業務を遂行できるため、同時に多数の顧客に対応することが容易である。

解説

正解:エ

標準テキスト第2版260ページに人的販売が記載されています。

人的販売は直接口頭で説明する活動のため、同時に多数の顧客に対応することは難しいです。

よって、選択肢エが正解です。

コメント