【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年前期 15問目

問題

問題15 家族のライフサイクルに関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

ア.家族のライフサイクル上、子供の年齢が同じであってもその子供が独立しているか否かで所属するグループが違う。
イ.子供の性別が違うと、家族のライフサイクル上も別のグループに識別される。
ウ.高齢者になると、配偶者がいてもいなくても同じ家族ライフサイクルのグループに割り当てられる。
エ.家族のライフサイクルを考える際に重要なのは、結婚した経験があるかどうかであり、その後の婚姻関係の状態は考慮されない。

解説

正解:ア

標準テキスト第二版150ページに家族のライフサイクルに関する記載があります。

記載の図は独身から始まり、配偶者のいない老年者までのサイクルが描かれています。その中では、「中年夫婦(子どもあり)」と「中年夫婦(子ども独立)」でグループが異なっています。

そのため、アが正解です。

子どもの性別ではグループ分けされていません。そのため、イは誤りです。
高齢者は配偶者の有無でグループが異なります。そのため、ウは誤りです。
離婚のグループがあります。そのため、エは誤りです。

コメント