【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営情報システム 令和元年前期 10問目

問題

問題10 災害時のIT利用に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

ア.情報を少しでも多くの人に知らせるため、メールの末尾に「他の人に知らせてください!」と記して、自分のアドレス帳に載っている人全員に送信した。
イ.情報を少しでも多くの人に知らせるため、冒頭に「拡散希望!」と記してミニブログサービスに書き込んだ。
ウ.携帯電話や固定電話による発信はできないが、Webの閲覧やメールの送受信ができるので、インターネット電話を使って携帯電話や固定電話に電話をかけた。
エ.被災地の知人の安否が心配だったが、その知人の携帯電話にメールを送ることはせず、災害伝言板サービスを検索した。

解説

正解:エ

通信各社の災害伝言板サービスを利用することで通信の混雑を避けながら連絡を取ることができます。

災害伝言板サービスについては、通信各社のウェブサイトや総務省の災害伝言サービスのページに解説があります。

ア、イ、ウは全て通信の混雑を拡大させる原因になるため不適切です。

コメント