【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和2年前期 25問目

問題

問題25 受注契約後の顧客訪問や、納品後の商品の資料説明・指導等のアフターサービスに関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.販売契約後のフォローアップは、既存顧客深耕営業のスタートラインでもあるので、次の営業活動のビフォアーセールスである。
イ.アフターサービスによって顧客満足をより高めるためには、日頃から顧客と接する営業部門で対応を完結することが基本である。
ウ.アフターサービスは、顧客からのコールで対応するのではなく、主体的な営業活動として計画的に実行すべきである。
エ.アフターサービスの実施は無条件で行わず、コストパフォーマンスに配慮する必要がある。

解説

正解:イ

標準テキスト第三版188-190ページにアフターサービスに関する記載があります。以下、引用します。

アフターサービスは、営業パーソン単独で実施できるものは限られる。アフターサービスはの目的を果たすためには、自己の属する営業部門のみならず、社内関連部署、さらに社外関連組織をも含めた組織対応の円滑化を図ることが必要である。

よって、イが正解です。

コメント