【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級人事・人材開発 令和元年前期 20問目

問題

問題20 賞与に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.賞与管理の目的は賃金原資管理であり、企業の短期的業績によって変動させることは、従業員の労働意欲を減退させることになるので好ましくない。
イ.賞与は成果配分としての性格をもつので、月例給与よりも成果に対する内部公平性が強く求められる。
ウ.総額賃金管理を行う上で、総額賃金の変動費化は重要なテーマであり、賞与の業績連動機能を活かすことはこれを達成する有効な手段である。
エ.賞与総額の個人への配分に部門業績や個人の成果を公平・公正に評価し反映させるためには、人事評価制度の改善や評価者のスキル向上が欠かせない。

解説

正解:ア

標準テキスト第二版175ページに賞与管理の目的の一つとして重上院の労働意欲の向上に関する記載があります。以下引用します。

企業実績がよければ賞与が増え、悪ければ減るということをはっきりさせることで、企業業績向上に対する従業員の労働意欲を高めることができる。

コメント