【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営戦略 令和元年前期 7問目

問題

問題7 企業が経営戦略を必要とする理由として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.経営戦略は、組織目的の達成のためにつくられるもので、組織の有効性向上を図るために必要とされる。
イ.今日のように経営環境が激しく変化するときには、経営戦略が不可欠である。
ウ.予期せぬ新たな事業機会や脅威が生じた場合、それらに対処すべき指針として経営戦略が必要となる。
エ.経営環境が複雑化しているときには、既存の経営計画を着実に遂行することが経営戦略にとって重要となる。

解説

正解:エ

標準テキスト第2版44-48ページに経営計画の変遷に関する記載があります。以下、引用します。

不確実性がますます高まってきた環境において経営計画がその機能を十分に発揮するためには、経営目標を達成するための経営戦略が経営計画に含まれていなければならないことがわかる。つまり、戦略的経営計画(以下、戦略的計画)という実質的に内容のある計画でなければ、今日の環境の不確実性に有効に適応できないのである。

標準テキスト第2版45ページには経営計画。戦略的意思決定の発展過程の図表があります。
この図表からも既存の経営計画のみでは困難なことが分かります。

よって、選択肢エが正解です。

コメント