【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年前期 39問目

問題

問題39 サービス・マーケティング特有の一般的特徴に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.購入前に見ること、触れること、聞くことが出来ない。
イ.生産と消費が同時に行われる。
ウ.労働集約性が低く、標準化が難しい。
エ.非貯蔵性・不可逆性があり、提供後は消滅する。

解説

正解:ウ

標準テキスト第二版339-342ページにサービスの特性とサービス業の特徴に関する記載があります。以下引用します。

(中略)サービス業は労働集約性の高い業種が多く含まれている。(中略)このため、サービス業の業務の機械化・標準化、つまり業務のオートメーション化とマニュアル化が促進される傾向にある。

コメント