【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年前期 6問目

問題

問題6 以下に示すターゲット・マーケティング戦略に関する記述において、( )内に当てはまる語句の組合せとして適切なものは、次のうちどれか。

ターゲット・マーケティングは、異なる顧客グループの様々な要求とニーズに、より適切に対処したいという願望に応えようとするものである。これは、従来の( A )とは対照的な方法といえる。今日の市場特性を考えれば、道理にかなった方法である。顧客の要求とニーズに、より効果的に対応していくために、( B )、ターゲティング、( C )という3つのプロセスの活動を展開して事業活動を行う。( B )は、企業が優れた価値を明確にし、顧客をグループ化するためのプロセスである。ターゲティングは、顧客グループの中で、より効果的、より効率的に顧客 に接近し、顧客が望む優れた価値を提供できる市場に、絞り込むプロセスである。( C )は、競争相手と自社製品・サービスとを区別し、競争優位を引き出すプロ セスである。これには、製品・サービスの中核的な特徴のみでなく、価格、プロモーション、チャネル等の、マーケティングの構成要素の全てを通じて提供される。

〔語群〕
1.マス・マーケティング
2.セグメンテーション
3.ポジショニング
4.エリアマーケティング

ア.A:4 B:3 C:2
イ.A:1 B:3 C:2
ウ.A:1 B:2 C:3
エ.A:4 B:2 C:3

解説

正解:ウ

標準テキスト第二版70ページにターゲット・マーケティングに関する記載があります。

70ページ中段にある「ターゲット・マーケティングは、異なる顧客グループの~」と問題文はほぼ同じです。

コメント