【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年前期 8問目

問題

問題8 マーケティング・ミックスの説明として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.マーケティング・ミックスの構成要素の種類及びそれぞれの重要性は、企業の属する業界や戦略を問わず、すべて共通である。
イ.マーケティング・ミックスは、企業のマーケティング・コンセプトを十分に反映し、経営目的を達成するための手段選択である。
ウ.マーケティング・ミックスは、マーケティング・コストと表裏の関係にある。
エ.マーケティング・ミックスは、静態的な条件でミックスされるものではなく、標的市場に対して一定期間の中で時間軸の次元に沿ってミックスされるべきものである。

解説

正解:ア

標準テキスト第二版91-92ページにマーケティング・ミックスに関する記載があります。以下引用します。

マーケティング・ミックスとは、「マーケティング・コンセプトの経営理念を達成することを前提に、標的市場の顧客価値を創造し、伝達し、それを効果的に届けかつ、目標とする利益が確保できるようにマーケティング諸要素を適切に混合し、組み合わせること」である。つまり、マーケティング・ミックスを策定する管理者は、市場環境の変化と標的市場の規模と諸特性、需要の量と質といったさまざまな側面について十分な分析をしたうえで、その標的市場に最もふさわしい最適なマーケティング手段や方法を選択しなければならない。

アは「すべて共通」が誤りです。

イ、ウ、エについては92ページに記載があります。

コメント