【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年前期 5問目

問題

問題5 多くの製品がコモディティ化し、市場の国際化で競争がますます激化している。企業を取り巻く環境変化の中、これからの時代の戦略マーケティングの留意点や在り方についての記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

ア.戦略的視野に立ったマーケティングは、製品力の強化が重要なので、製品の差別化の追求を徹底し、競争優位を勝ち取る戦略がなされることである。
イ.戦略マーケティングの意思決定は、予算決定の際に行う投資の意思決定が最重要であり、財務的視点で裏づけられた事業管理を最適化することで事業の繁栄が図れる。
ウ.これからの事業はブランド政策が重要であり、ブランド力を強化するためには、広告とセールス・プロモーションにより多くの予算を投入することが重要である。
エ.自社のマーケティング活動の全体最適化が重要であり、顧客への価値創造、価値伝達、価値説得という価値連鎖の全プロセスでの活動の差別化に注力することである。

解説

正解:エ

標準テキスト第二版62-67ページに戦略マーケティングに関する記載があります。

アは「製品力の強化が重要」が誤りです。必要なことは顧客(消費者)志向のマーケティングと競争志向のマーケティングの統合です。

イは「財務的視点で裏づけられた事業管理を最適化すること」が誤りです。財務的
資金的な裏づけ」を持ち合わせつつ、長期的な視点に立つマーケティング志向のプログラムの創出が必要です。

ウは「ブランド政策が重要」が誤りです。エのようなことが重要です。

コメント