【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年前期 7問目

問題

問題7 SWOT分析に関する記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

ア.SWOT分析の結果、脅威があると判断された事業は早期に撤退することが最善の選択である。
イ.政権の交代による政策の大きな変換は、機会というよりも組織の継続性と経営の一貫性を揺るがす脅威と受け止めてよい。
ウ.SWOT分析を行う場合の環境分析では、常に競合他社環境を把握することを優先すべきである。
エ.SWOT分析の結果、自社の強みとそれを活かせる機会が存在する環境が最大の市場機会である。

解説

正解:エ

標準テキスト第二版74-81ページにSWOT分析の概要に関する記載があります。

プラスの影響を与えるのは強みと機会です。逆にマイナスの影響を与えるのは弱みと脅威です。

コメント