【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年前期 19問目

問題

問題19 S社は長年の研究開発の結果、体内で新陳代謝を促進させる植物エキスを発見し、このエキスを配合した「健康飲料」の開発・販売を検討することとなった。製品化を進めていく過程で、S社が最初に取り組むべきこととして最も適切なものは、次のうちどれか。

ア.競合する飲料製品をよく比較分析し、発売する価格を検討する。
イ.健康飲料分野の販売チャネルと物流体制を検討する。
ウ.市場導入計画を立て、売上、シェア、利益を検討する。
エ.知覚マップを作成して、製品コンセプトを検討する。

解説

正解:エ

標準テキスト第二版176-178ページに製品開発の概要に関する記載があります。

製品開発は7つの活動に区分できる。以下は順番です。

アイデアの創出
アイデア・スクリーニング
製品コンセプト決定
市場導入計画
製品開発
市場テスト
市場導入

それぞれの項目の説明は標準テキストに記載があります。また、全てがこの順番通りに行われるわけではありません。

コメント