【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年前期 36問目

問題

問題36 以下に示す店内の商品構成に関する記述において、( )内に当てはまる語句 の組合せとして最も適切なものは、次のうちどれか。

小売業が差別的優位性の源泉として最も重視しなければならないのは、品揃えである。小売業経営者にとって「均衡のとれた在庫投資」を追求するために1つの側面では、商品構成をどのようにするかという問題を無視することは出来ない。小売業界で用いられる商品構成の概念は、2つの領域に区別して理解することが出来る。それは、( A )と( B )であり、( A )は異種商品の組合せであり、( B )は同一商品の組合せである。

ア.A:ミックス B:抱き合わせ
イ.A:抱き合わせ B:ミックス
ウ.A:バラエティ B:品揃え
エ.A:品揃え B:バラエティ

解説

正解:ウ

標準テキスト第二版319-320ページに商品構成:バラエティと品揃えに関する記載があります。以下引用します。

一般に小売業界で用いられる商品構成の概念は、2つの領域に区分して理解することができる。つまり、バラエティ(異種商品の組み合わせと品揃え(同一商品の組み合わせ)の2つの概念である。

コメント