【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和2年後期 6問目

問題

問題6 販売目標設定に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.担当顧客数が少ないために売上げが標準より低い場合は、既存重点顧客に時間をかけて1訪問当たりの販売額を増やす目標を設定する。
イ.商品の販売目標は、顧客別にどのような品ぞろえで特徴をアピールして販売していくかを決めると同時に、単価が違うものを組み合わせることで売上・利益の最大化を検討することである。
ウ.部門の販売目標額は、必要経費を積み上げて算出した必要販売高や、過去の顧客別販売実績等から見込まれる予測売上高、市場シェアから算出した目標売上高から検討し、設定されるものである。
エ.営業パーソンに割り当てられた販売目標額は、会社の規定等で定められた方法に沿って決められ、社員として最低限達成しなければならない目標である。

解説

正解:ア

標準テキスト第三版37-39ページに販売目標設定の方法に関する記載があります。以下、引用します。

顧客数が少ないために売上げが標準より低いのであれば、新規顧客開拓に重点を置き、顧客数は平均的なのであれば、重点顧客に商談時間をしっかりかけて、もっと幅広い商品商品推奨を行い、1訪問当たりの販売額を増やすなどの目標を設定する。

よって、選択肢アが正解です。

コメント