【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級人事・人材開発 令和元年前期 28問目

問題

問題28 雇用保険の雇用継続給付に関する記述として正しいものは、次のうちどれか。

ア.育児休業給付金の支給要件として、被保険者は育児休業開始前2年間に賃金支払基礎日数が一定日数以上ある月が6カ月以上あることが必要である。
イ.育児休業給付金の支給申請書の提出は、初回の支給申請の場合には、休業開始日の属する月末までに行わなければならない。
ウ.介護休業給付金の支給対象となる家族には、同居していない父母も含まれる。
エ.介護休業給付金の支給額は、休業開始時賃金日額に支給日数を乗じた額である。

解説

正解:ウ

標準テキスト第二版237ページに控除に関する記載があります。以下引用します。

介護休業給付は家族を介護するために休業した場合に最大3ヵ月間、休業開始時の賃金の40%が支給される制度である。

コメント