【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級人事・人材開発 令和元年前期 31問目

問題

問題31 キャリア理論に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.エドガー・H.シャインによって提唱されたキャリア・アンカーは、キャリアの各段階によって変化するものであり、自分の目指すアンカーに近づけるようにキャリアを選択することが大切である。
イ.キャリア・アンカーは8つにカテゴリー化されているが、これは人が仕事に取り組む時に、何を最も大切にするかという姿勢やポリシーを突き詰めた人生観であり、決して仕事自体の内容ではない。
ウ.プランド・ハプンスタンス・セオリー(計画された偶発性理論)の提唱者であるジョン ・D.クランボルツは偶然の出来事を活かすために必要な行動として、生涯にわたる継続的な学習をあげている。
エ.プランド・ハプンスタンス・セオリーでは、個人のキャリアの8割が予期しない出来事や偶然の出会いによって形成されると考えられている。

解説

正解:ア

標準テキスト第二版263-264ページにキャリア・アンカーに関する記載があります。以下引用します。

キャリア・アンカとは、米国の組織心理学者エドガー・シャインによって提唱された概念であり、ある個人がみずからのキャリアを選択する際に、最も大切な価値観や欲求のことを指し、周囲が変化しても自己の内面で不同なもののことをいう。

コメント