スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営戦略 令和元年後期 3問目

問題

問題3 変化の激しい経営環境における経営戦略の役割に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

ア.経営戦略を詳細に策定することは、経営の方向性を明確に示すことになり、意思決定の指針として重要なものとなる。
イ.経営戦略に柔軟性を持たせることは、意思決定を誤らせる。
ウ.経営戦略は、経営に関する一定の指針となるが、企業内部のコンセンサスや調整を重視しようとすると、問題を生じさせてしまうものである。
エ.企業は、経営環境の変化に有効に適応しなければならないが、そのときにこそ経営戦略が重要となり、企業の長期的な存続に関しても影響を与える。

解説

正解:エ

標準テキスト第2版22ページに次世代事業・技術の策定に関する記載があります。以下、引用します。

現代の環境変化の中でも、特にその変化が激しいのが技術の進歩である。
(中略)
しかし、こうした次世代事業や技術の策定は、各事業部門や研究開発部門の自主的な努力だけでは達成し得ない。多くのケースで、経営戦略部門がイニシアティブを発揮することで実現が可能となるのである。

よって、選択肢エが正解です。

コメント