【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年前期 23問目

問題

問題23 需要をベースとした価格設定方法に関する記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

ア.マーケティング・ミックスの非価格的変数を用いて顧客の知覚価値を形成し、その価値に合わせた価格設定をする。
イ.競合企業の製品価格情報を調査分析し、競合製品に対して競争優位性を発揮できる価格設定をする。
ウ.製品の原価に回転率を考慮して、適正利潤を設定し価格設定をする。
エ.メーカーの純利益を最大化できるように、コストを削減し、価格設定をする。

解説

正解:ア

標準テキスト第二版199ページに需要志向型の方法に関する記載があります。以下引用します。

コストよりも消費者が知覚する価値と需要の強さを重視したり、価格に対して反応する消費者の心理を利用して価格を決定する方法である。

よって、アが正解です。

イは競争志向型です。ウとエはコスト志向型です。

コメント