【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和2年後期 8問目

問題

問題8 訪問準備に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.訪問順序は、まずAランク顧客からスタートし、その後の順序は、方面やブロック別に顧客や見込客のリストを基に設定する。
イ.アプローチブックは、商品又はサービスのプロモーションに効果的な事例や資料を、上司や先輩の意見を取り入れながら作成する。
ウ.訪問の際に心掛けることは、「有効訪問率=有効訪問件数/総訪問件数=1」を目指して努力することである。
エ.初回訪問の顧客には、名刺、会社案内、紹介状、カタログ、納入実績、会社のノベルティ等を用意しておく。

解説

正解:ア

標準テキスト第三版59-62ページに訪問活動の効率化に関する記載があります。以下、引用します。

巡回順序は、最も遠いところを第1訪問顧客とし、会社方向に向かって後戻りのないように最短ルートを調べたうえで決定する。
その日のルート上で、優先度の低い顧客や見込客があるときはついでに取り込むようにする。Cランクの顧客は、わざわざ単独で訪問計画を組むことは少ないので、メインの行動のついでにうまく挟んでいく。

よって、選択肢アが正解です。

コメント